2019年2月28日木曜日

本日はテレビ収録

都内某所にて、テレビ収録を行いました。芸能人とディズニー音楽について盛り上がりました。詳細はまた改めて。

2019年2月25日月曜日

Orchestra U. S. A. - Sonorities

いわゆるサードストリームといわれる音楽のディスクだと、これが好きかな。MJQのアルバムには提唱者のシュラーの作品が入ったものもあるけれど、あまり面白い!と思えるものが正直ないのも事実。ちなみにこれは買ってみたけれど、おそらくオンデマンドCD-Rだと思う。解説も何もなかった。LPは富山の書庫にあるけれど…。


2018年2月24日土曜日

読書記録

・グローバル化時代の大学論1 - アメリカの大学・ニッポンの大学 - TA、シラバス、授業評価 (中公新書ラクレ) [Kindle版]

今後の日本の大学における「処方箋」というものは提示されていないように思ったけれど、アメリカと日本の事情を比較する際に気をつける点は、僕自身、僭越ながら、日米の大学を体験している立場から、納得するところも多かった。TA制度の歴史については詳しく知らず(僕はRAしかしたことがない)、紆余曲折の経緯があったのだなあと思わされた。

なるほどと思ったのは、1セメスターに履修する科目数。確かに日本の大学は前期・後期それぞれで履修する科目がものすごく多い。それに僕のいた大学では、1セメ16単位時間で5年卒業ってことを毎回のレジストレーションの時に言ってたような記憶がある。それに授業料って単位ごとの課金なんだよね(州内・州外と値段が違うのもご承知の通り)。しかしそういったことが意外に大きいのだなということが分かったのは収穫かも。アメリカとは対照的に、日本の企業側が大学で何をしたのかを重視しないというのは、全くもってその通り。アメリカの学生が成績について戦々恐々としているのは、僕も感じた。自分が有利になるように、授業で必要な図書館の本を学生が隠したという事例も、僕がいた大学ではないけれど、聞いたことがある。確か退学になったんだったかな?

・教えて! 学長先生-近大学長「常識破りの大学解体新書」 (中公新書ラクレ)

「理系」学部ということもあって、さまざまな試みは面白いものの、いまいる大学でどのように使えるのかな? というのは直接的には結びつかない感じ。具体的なノウハウというのは、もっといろいろ事務処理的な問題もあるのだろうけど、そういったところはあまりこの本を読むだけでは分からない。こういう接し方が大事、といった理念的なところは何となく伝わってくるとは思う。

ただ、ものすごく共感できたのは、偏差値による階層化の問題点。まあ僕自身、偏差値なんて全く気にせず大学に進学しちゃったなあ。向上心が足りないというべきか(汗

2018年2月5日月曜日

2017年12月31日日曜日

2017年大晦日のできごと記録

本日は今年最後の主日礼拝へ。「今年は1月1日も今日大晦日も主日礼拝で、お得な感じ」という趣旨のことを伝道師さんに言われて、そうかも〜と思ったりしました。去年は2月に突然入院したりしましたが、今年は特に、そういう大きなできごとはなくて、良かったかも。民放深夜番組出演とか、テレビドラマの時代考証とか、これまでやったことないお仕事も体験させていただきました。

あ、年賀状は礼拝前に、最寄り駅近くのポストに入れてきました。昨日妻がデザイン+印刷してくれたものに、宛名を大急ぎで印刷したものです。来年は、文面は外部発注した方がいいかも…。印刷設定などで、いろいろ苦労していたようでした。

さて、午後は中華街へ行ってまいりました。大晦日の中華街はNHKの首都圏ローカル・ニュースでアメ横と一緒に取り上げられていて、話の種にという感覚です。いやあ、すごい人でした。毎年外売りをやってるという聘珍樓にはすごい人だかり。知らなかったのですが、ずっと藤波辰爾が売り子をやってるんですね。息子さんも一緒でしたが、みんな写真を撮りまくってました。その他、重慶飯店で点心やお菓子などを購入。


その後、そごう横浜店の紀伊國屋で音楽本4冊購入。これについては、また改めて。ついでにプチ贅沢してメゾンカイザーでパンを買って、さらに最寄りのイトーヨーカドーで軽く買い物して帰りました。しかしイトーヨーカドーの混雑がすごく、レジ行列にさり気なく割り込もうとしたおばちゃんが、うしろの方から注意されて逆ギレする現場にも遭遇。大変だあ。ヨーカドーには明後日も行く予定なので、必要最低限のみの買い物です。

ということで、今日の振り返りでした。